>

ネット販売するべきなのか

このコラムをシェアする

ネット販売をするのは危険

薬とはいえ、第一種医薬品であり副作用を強く引き起こすものなので人体に影響がないというわけではありませんので使い方を誤れば死に至る可能性もあります。
しかしこのような危ない薬をなぜネットで販売許可するのでしょうか、通常は医者や薬剤師からの診察によって薬をもらうことが普通であると思われます。
それでもネット販売においての利便性がきちんとあるため、完全にネット販売が悪地という内容にはならないのです。
通常は病状が出てきたときに病院や薬局に向かって薬をもらうのですが、そんな余裕がないという人たちもおり、簡単にネットで購入できる利便性を選びがちなのです。
どのような経緯でそうなったのかは次の記事にてまとめてみました。

薬局や病院に行く余裕がない

あなたが病気になってしまったとき、自分の周りにはあなたを助けてくれる人はいますか。
例えば家族や友人、自分のつながりのある人たちに助けを呼ぶことはできるのでしょうか。
そんな余裕もないぐらいしんどいのであれば、病院に行かなければならないのですが、そのような余裕もあるわけないと思います。
そのため、家の中にあった蓄えている第一種医薬品が役に立っており、医者の指示ではないのであるがきちんと使用していけば、少しはだるさやしんどさが楽になるでしょう。
このように、即効性の薬をネットですぐに購入して、使用できるまでに蓄えることだって可能なのです。
またネット販売であるから自分の好きなタイミングで帰ってきていたら薬が用意されているということもできるのです。